カードローン審査、知っておくべきポイント

銀行や消費者金融からのキャッシングの窓口は近年増加しています。スマホの普及やコンビニへのATM設置などが大きな要因です。特にカードローンでのキャッシングはその手軽さから、多くの人に利用されているようです。ここではカードローンのキャッシング、また銀行系と消費者金融系の違いから、審査に通るために大切なことを簡単に説明したいと思います。

まずカードローンのキャッシングですが、もちろん審査があります。審査の基準は”属性”と呼ばれます。主に利用者の、職業・雇用形態・年収・家族構成・過去のキャッシング歴などが審査の対象となります。職業や年収は特に見られる点で、社会的に安定している立場であるほど(たとえば公務員の正規職員など)審査に通りやすいと言えます。ですが、過去にキャッシングを利用したことがあって返済を一日でも延滞したことがある人、自己破産や任意整理などの債務整理の経歴がある人はたとえ現在安定した職と収入があっても通らない場合があります。過去のこうしたお金に関する事故は、金融機関が共有する”信用情報機関”という場所に記録されているので、チェックの対象となり審査に大きくマイナスに影響します。必ず信用情報にキズをつけないように返済計画をしっかり立てることが大切です。

カードローンの審査内容は銀行でも消費者金融でもおおむね違いはありません。ただ、”総量規制”が適用されるかどうかという違いがあります。総量規制とは、「年収の3分の1までしか借り入れができない」という貸金業法に基づいた規制のことです。例えば、300万円の年収がある人は100万円までしか借りられないということです。結論から言うと、三井住友銀行カードローンなどの銀行系カードローンを利用する場合はこの総量規制は適用されません。なぜなら銀行は”貸金業”ではないからです。

一方、消費者金融は貸金業に該当するので総量規制が適用されます。金利は銀行の方が低く総量規制もなく高額の借り入れができるので銀行での借り入れを希望する人が多いですが、銀行の審査は消費者金融よりも当然厳しめです。ただ、消費者金融での借り入れは無利息の期間がある場合もあるので、そうしたサービスもうまく活用できるかもしれません。以上、カードローンの審査を通るために大切なことは主に2点です。総量規制の仕組みを知っておくこと、そして前述した審査を通るために返済の延滞や返済計画をしっかりと立てること、です。

カードローンの信用情報機関について

カードローン会社も無差別にカードを発行しているわけではないです。つまりは、どこからか情報を得て、その人に貸してもよいのかどうかを判断しているわけです。では、それはどこなのか、といいますとまずは自社内のデータベースです。そこに情報があるならばまったく問題ないです。しかし、それがすべてとも限らないので特定の機関に問い合わせるようにしています。それが指定信用情報機関になります。

金融機関はここに登録しますとある程度の個人の金融信用情報を得ることができるようになります。但し、つまりは情報を共有する必要がある、ということでもありますから、自分たちも協力します。他社の情報が手に入るのはこうした事情があります。これはプライバシーの侵害では、と思うかもしれませんが、そんなことはまったくないです。これは国が許可してやっている機関であるからです。情報信用機関というのは、いくつもありますが指定情報機関に関しては問題はまったくないです。カードローン会社も発行の申請を受けたときにはそうしたところから情報を貰っています。もちろん、こちらからもしっかりと情報を提供することになります。様々な属性がありますが、問題はそこではなく、他にある借金などです。そちらの情報がまずは問題になりますから、キチンと書く事です。誤魔化すことができるわけではないので、正直に書くようにすることが重要であるといえます。

カードローン業者はこのような情報機関から情報の提供を受けて、その人を審査することになります。そして、度の程度の融資の枠を与えるのか、ということを決めます。もちろん、結果として貸すことができない、となる場合もあります。但し、これは一律で同じ判断がされるわけではありませんから、一つのところに落とされたからといって、他のカードローン業者でも確実に駄目、ということはないです。極端にお勧め出来るわけではないですが、いくつか申し込みをするのもありです。

申し込みブラックを防ぐために大切なこと

キャッシングは便利ですが、申し込みの際には注意すべき重要なポイントがあります。その1つが申し込みブラックです。1か月で3社以上に申し込むなど、短期間で複数の会社に続けて申し込みを行うと、申し込みブラックに認定されて審査に落ちる可能性が高くなります。
初心者の中には軽い気持ちで何社も申し込む人もいます。審査に自信がないときは、複数社に申し込む方が受かりやすいと思うかも知れません。でも実際は全くの逆効果となります。
短期間で複数社に申し込む人は、業者側からすればかなりお金に困窮していると見なされて、多重債務や返済不能に陥る危険性が高いと判断されます。特に今は信用情報機関でしっかりとチェックされるので誤魔化しようもありません。もし申し込みブラックに認定されると、6か月間は申し込みができなくなる場合もあります。なので申し込みブラックを防ぐには、1社だけに絞ってキチンと申し込みを行うことが大切だといえます。

PAGETOP